ホーム   >   EdTechサービス   >   Think!Think!(シンクシンク)
Think!Think!(シンクシンク)のメイン画像1
Think!Think!(シンクシンク)のメイン画像2
Think!Think!(シンクシンク)のメイン画像3
Think!Think!(シンクシンク)のメイン画像4
概要

シンクシンクは、図形や迷路、パズルなどが70問、15,000題以上収録された、「思考センス」を育む教材です。世界算数などの問題を手がける精鋭チームが製作。やる気が続き、自然と考える力が伸びていきます。

特徴

動画eラーニングサービス「J-Stream ミテシル」の特徴1

【東大卒精鋭チームによる高品質な問題が15,000題以上!】
シンクシンクは、空間認識・平面図形など、中学受験でも頻出分野の良問に触れながら思考センスを育む教材です。問題は、算数オリンピック・世界最大のオンライン算数大会「世界算数」の問題作成を担当する株式会社花まるラボ代表の川島慶が監修。川島を中心とする東大卒精鋭チームが全問題を作成しています。Googleから、全世界の家族向けアプリからベスト5に選ばれるなど、高い評価を得ています。

動画eラーニングサービス「J-Stream ミテシル」の特徴2

【デジタルだからイメージできる】
教科書上の止まった展開図から立体をイメージできなくても、タブレット画面上で動く展開図が組み立つ様子を見れば、誰でもイメージできるようになります。
また、1人1人のレベルに合った問題が出るので、「できた!」と必ず成功体験を積むことができます。デジタルだからこそ、紙の限界を超える教育効果があります。

動画eラーニングサービス「J-Stream ミテシル」の特徴3

【1日最大10分だから、続けられる】
シンクシンクは、1回3分の問題を、1日最大3回まで。
ダラダラ長くやるのではなく、ぐっと集中して短時間で思考センスを育みます。お子様を「のびのび育てたい」「他に打ち込んでいる習い事や学校の宿題と両立させたい」というご家庭に最適です。やりすぎの心配もありません。

動画eラーニングサービス「J-Stream ミテシル」の特徴4

【子どもにとっては遊び、とにかく楽しい!】
思考センスとは、頭の中で立体などの物事を自由自在にイメージできる力。「楽しい!」と思って取り組まなければ、 力が伸びないどころか、苦手意識で伸びる芽を折ってしまいます。
シンクシンクは、一人ひとりのレベルに合った無理のない出題と、豊富な問題数、ポイントなどのゲーム性、子どもたちが楽しいと思えるデザインや提示方法などにより、子どもがまるで遊びのようにワクワクしながら取り組める教材です。

導入条件

iOS/Android(タブレット推奨)
一般向け:通信環境必須
法人・学校向け:通信環境不要

導入/調達事例
サービス情報サイト
サービス事業者サイト
サービス名Think!Think!(シンクシンク)
事業者名株式会社花まるラボ
種別
対象者対象年齢5~10歳
教科 算数/数学、その他
特徴/用途
料金体系
費用<一般家庭向け> ①フリーコース(無料)②スタンダードコース(月額300円)③プレミアムコース(月額980円) <学校・法人向け> お問い合わせください
利用形態個人利用(一般家庭での利用)、学校での利用、学習塾での利用
導入実績一般家庭向け:150カ国75万ユーザー(2019年1月時点) 学校・法人向け:学習塾、国内外小学校に有 カンボジア公立・私立小学校で導入実績有
最終更新日:2019年01月25日

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • カイズ

    生徒の認知上の個性を診断して、学習内容へのアプローチの仕方を提案するツール。

    詳しくはこちらカイズ

  • Libry(リブリー)

    「リブリー」は提携出版社の教科書や問題集をデジタル化し、「苦手分野の分析」など...

    詳しくはこちらLibry(リブリー)

  • ハイスクール@will(アット・ウィル)

    目標や希望に応じて、意のままに受講カリキュラムを設定できる映像授業システム

    詳しくはこちらハイスクール@will(アット・ウィル)

  • まなBOX

    まなBOXは、能動的で自立した学習者を育むために、現場の教員の方々と共同開発し...

    詳しくはこちらまなBOX

  • 明日から始める学習塾向け小学校英語デジタ...

    『mpi英語プログラム』は、学習塾をはじめ、「小学校英語」に初めて取り組む方々のた...

    詳しくはこちら明日から始める学習塾向け小学校英語デジタル教材 小学校英語講座『mpi英語プログラム』

  • 人工知能型教材Qubena(キュビナ)

    AI(人工知能)を搭載した「Qubena」は、生徒ひとりひとりの学習中の操作ログや計算...

    詳しくはこちら人工知能型教材Qubena(キュビナ)

  • オンライン英会話 vipabc

    「オンライン英会話vipabc」は、英語教育分野で世界最大級のEdTech企業「iTutorGroup...

    詳しくはこちらオンライン英会話 vipabc

  • schoolTakt(スクールタクト)

    マルチOSクラウド型の授業支援システムで、生徒の学習状況をリアルタイムに把握でき...

    詳しくはこちらschoolTakt(スクールタクト)




このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?