ホーム   >   EdTechサービス   >   問題データベース タブレットドリル
問題データベース タブレットドリルのイメージ1のイメージ1
問題データベース タブレットドリルのイメージ2のイメージ2
問題データベース タブレットドリルのイメージ3のイメージ3
問題データベース タブレットドリルのイメージ4のイメージ4
概要

約70000問の豊富な問題数から個々の学習状況に合った問題を利用することが可能。自動採点により学習履歴が蓄積され、実態把握・分析に活用可能。プリント配布機能で次の指導にお役立ていただけます。

特徴

一人一人に合った学びを実現。

一人一人に合った学びを実現。
ICTならではの特徴を取り入れた、タブレット端末対応個別最適化ドリル教材です。
小中合計約70,000問を収録し、解いた結果はその場で自動採点されます。

視覚的に自分の解いた履歴を確認しつつ、苦手な単元既習学年・単元まで振り返ったり、解説動画を視聴したりすることができます。

レベル別のプリントを用意し、1人ひとりに合った学習の流れをつくり、学力の定着をサポートトします。

レベル別のプリントを用意し、1人ひとりに合った学習の流れをつくり、学力の定着をサポートトします。

・1授業時間の内容で学習の定着をはかるドリル問題
・実力を評価するたしかめ問題
・問題をやさしくアレンジしたフォローアップ問題
・発展的な内容のチャレンジ問題
・前の単元を復習できるふりかえり問題

手書き入力とキーボード入力に対応しています。

手書き入力とキーボード入力に対応しています。手書きは、漢字・ひらがな・数字・数式・アルファベットを認識します。
紙に近い感覚で違和感なく問題を解き進めることができ、同時に正確な学習ログを残していくことができます。

学年・クラス・個人別に教科や単元など約50種類の学習履歴データを管理できます。

学年・クラス・個人別に教科や単元など約50種類の学習履歴データを管理できます。

問題を解けばほどビッグデータ化し、得意な問題から苦手な問題まで、実態を把握することが可能となり、次の指導に役立てることができます。

個々またはグループに対して、問題を配布できる機能を搭載。

個々またはグループに対して、問題を配布できる機能を搭載。
先生が主導となり、学力向上に向けて、更に効果的に活用することができます。

導入条件

ローカルインストール版

■ 対応OS

Windows8.1/10(※オフラインでの利用が可能)

Web配信版

■ 対応OS

 Windows8.1/10、iOS 10以降推奨 Chrome OS、Android 6.0以降推奨

■ 対応ブラウザ

 Internet Explorer11(最新版推奨)/ Microsoft Edge / Safari / Google Chrome

導入/調達事例
お問い合わせ先

[東京] TEL:03‐5390‐7577
[大阪] TEL:06‐6397‐1351
E-mail:soft@tokyo-shoseki.co.jp

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
サービス名問題データベース タブレットドリル
事業者名東京書籍株式会社
種別
対象者小学校、中学校、特別支援学校(聴覚・知的・病弱)
対象学年小学校1年生~6年生、中学校1年生~3年生
教科 小学校(国語、社会、算数、理科、英語)※2020年4月英語を発行。
中学校(国語、社会、数学、理科、英語)
特徴/用途
料金体系
費用学校フリーライセンス…
1教科・全学年・1年間70,000円(税別)
全児童・生徒数計算…
180名以下の場合、1名333円(税別)×全児童・生徒数+10,000円(サーバー運用管理費・税別)

別途学習プリント「問題データベース」とセット導入による優待価格あり。
※学年限定利用の場合は別途お問い合わせください。
利用形態学校での利用、家庭での利用、放課後学習教室での利用など
導入実績利用者数…約10万名(2020年3月現在)
最終更新日:2020年03月17日

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • Springin’(スプリンギン)

    「つくる楽しさ」にフォーカスした直感型ビジュアルプログラミングアプリ

    詳しくはこちらSpringin’(スプリンギン)

  • Talking Time

    オンライン英会話 TalkingTime は、百ます計算で有名な陰山英男先生と学研、QQEnglis...

    詳しくはこちらTalking Time

  • ハイスクール@will(アット・ウィル)

    目標や希望に応じて、意のままに受講カリキュラムを設定できる映像授業システム

    詳しくはこちらハイスクール@will(アット・ウィル)

  • Clica(クリカ)

    Clicaは、アンケートの実施・収集、意見の投稿・閲覧機能をもつ45万人以上が利用する...

    詳しくはこちらClica(クリカ)

  • 学べる生放送コミュニケーションサービス「S...

    株式会社スクーが2012年から運営している、学べる生放送コミュニケーションサービス...

    詳しくはこちら学べる生放送コミュニケーションサービス「Schoo(スクー)」

  • Analytics+(アナリティクスプラス)

    Analytics+は、ラーニングアナリティクス総合サービスです。 学習履歴の分析により、...

    詳しくはこちらAnalytics+(アナリティクスプラス)

  • D-SCHOOLオンライン

    単に英語を学ぶ、単にプログラミングを学ぶのではなく、英語やプログラミングを学び...

    詳しくはこちらD-SCHOOLオンライン

  • Welcome to talk 「オンライン健康相談」

    学校場面におけるメンタルヘルスに関する課題を児童精神科医などの専門家によるオン...

    詳しくはこちらWelcome to talk 「オンライン健康相談」




このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?