ホーム   >   EdTechサービス   >   動画eラーニングサービス「J-Stream ミテシル」
動画eラーニングサービス「J-Stream ミテシル」のメインビジュアル
/existing/db/img/0080/080_mv_01.png

概要

J-Stream ミテシルは、動画による繰り返し学習と受講者の到達度管理が手軽に実現できるeラーニングサービスです。

特徴

動画eラーニングサービス「J-Stream ミテシル」の特徴1

動画を教材とすることで、ビジネスマナーや機器の操作、顧客対応など、所作を正確に伝えることができます。講師の身振り手振りや受講者の表情を取り入れ、学習効果を高めることができます。

動画eラーニングサービス「J-Stream ミテシル」の特徴2

一定の理解度に達するまで、反復学習することができます。2回目以降のみスキップ操作可、倍速再生可など動画eラーニングならではの設定ができます。

動画eラーニングサービス「J-Stream ミテシル」の特徴3

受講者の一括登録、受講者個人別の到達度レポートなど、研修プログラムの管理者を支援する機能を備えています。受講者自身によるユーザ登録(予定)や修了証発行機能など自律的な運用を支援します。

動画eラーニングサービス「J-Stream ミテシル」の特徴4

スポーツや議会の中継にも使われるネットワークと、スマートフォンなど多様なデバイスのサポートにより、安定した動画再生を実現しています。セキュリティ対策により教材と回答データなどを守ります。

導入条件

OS(Windows) Windows 10 / 8.1
ブラウザ Microsoft Edge最新バージョン

Internet Explorer11

Chrome最新バージョン

Firefox最新バージョン

・ディスプレイ 解像度1024×768px以上

・JavaScript/Cookie有効

・2.0Mbps以上のインターネット回線

・「*.stream.co.jp」「*.stream.ne.jp」ドメインへの接続(社内LAN等からアクセス)

※スマートフォン、タブレット端末視聴環境については、端末の仕様によって異なります

導入/調達事例
お問い合わせ先

問い合わせフォームURL :
https://www.stream.co.jp/contact/
電話番号 :0120-65-8140

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
サービス名動画eラーニングサービス「J-Stream ミテシル」
事業者名株式会社Jストリーム
種別
対象者社会人教育、教員、学校管理者、大学、高等学校
教科
特徴/用途
料金体系
費用初期費用:100,000円/月額費用:50,000円~
利用形態企業の社員研修、企業の社内向け研修、業界団体による会員向け研修、法定研修、資格取得、受験など
導入実績31社、4万6,000ID(ライセンス) 生保、医療、介護、メーカー、サービス、教育など
最終更新日:2018年12月20日

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • ハイスクール@will(アット・ウィル)

    目標や希望に応じて、意のままに受講カリキュラムを設定できる映像授業システム

    詳しくはこちらハイスクール@will(アット・ウィル)

  • Z会の通信教育 iPadスタイル

    iPad上でZ会専用の学習アプリを使い,映像授業やデジタル学習機能,紙教材,添削指導...

    詳しくはこちらZ会の通信教育 iPadスタイル

  • schoolTakt(スクールタクト)

    マルチOSクラウド型の授業支援システムで、生徒の学習状況をリアルタイムに把握でき...

    詳しくはこちらschoolTakt(スクールタクト)

  • ClearS

    生徒の学習したノートを塾・学校内で共有し、多様な学びの成果を見て、コメントや質...

    詳しくはこちらClearS

  • Lark

    Larkは、オンライン授業を実現するビデオ会議だけでなく、チャット、カレンダー、ド...

    詳しくはこちらLark

  • すらら

    小学校1年生から高校3年生までの国語、算数/数学、英語の学習を、先生役のアニメー...

    詳しくはこちらすらら

  • 基盤学力アセスメントシリーズ LIPHARE(リ...

    これからの時代に求められる「資質・能力」を、「英語CAN-DOテスト」「日本語運用能...

    詳しくはこちら基盤学力アセスメントシリーズ LIPHARE(リファール)

  • Comiru(コミル)

    Comiruは煩雑な管理業務に追われることなく「子供・保護者たちと向き合う」環境を提...

    詳しくはこちらComiru(コミル)




このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?