ホーム   >   EdTechサービス導入事例   >   ワオっち!はじめてのプログラミング
EdTechサービス導入事例

事業者名  :

株式会社ワオ・コーポレーション

サービス名 :

ワオっち!はじめてのプログラミング
https://www.learning-innovation.go.jp/db/ed0017/

導入先   :

教材販社を通じ、全国の小学校に導入

ミッションプログラミングのイメージ1
おはなしプログラミングのイメージ2
サービスの特徴

やる気が持続する演出。チャレンジングと成功体験

楽しい体験と学びのワーク
体を動かしたりコミュニケーションをとるなどのリアルな体験を、デジタルの持つ強みをとつなげることで、より新鮮でワクワクできるようなワークとして実施しています。

ワオが提唱する「幼児期に必要な5つの力」

自己肯定感を育てる
長年培った幼児から低学年教育実績に基づくカリキュラムで、「知力・感性・表現・自律・就学基礎」の必要な力を身に着けるコンテンツを開発。
子ども自身が「できた!」と認識できる成長の可視化と達成感の演出により、ちょっと難しいことでも失敗を恐れず挑戦していきます。
その行動により「できなかった」ことが「できる」ようになる成功体験が積み上げられて、やる気が持続していきます。

子供たちの成長のとなりにワオっち

デジタルの特性を活かしたコンテンツで導入しやすく、使い方も簡単
黒板では教えづらい「プログラミング」や、反復学習が有用な「漢字」「英語」などの教材もデジタル化。試行錯誤のしやすさや、繰り返した時の飽きづらさなど、デジタルの利点を最大限に活かした教材です。
導入の手間が少なく、インターネット環境がなくても利用できます。各コンテンツは直感的に使い方がわかるため、子ども達がスムーズに学習を開始できることはもちろん、先生方にも負担をかけない作りです。

概要

初めてのプログラミング学習に適したアプリケーション教材2種類を搭載し、メディアで提供
①ミッションプログラミング・・ステージクリア型プログラミング教材
②おはなしプログラミング・・創作型プログラミング教材

導入内容・時期

導入年:2018
利用学年:幼児および小学校低学年~中学年
利用環境:Windows10搭載PC(端末1台/1~2名での個別学習に加え、プロジェクタ投影を通じた一斉授業も可能)

活用状況・効果

①ミッションプログラミング・・ステージのクリアに必要な手順があることに気づき、自らが意図した動きを的確に行うように考え試行錯誤することでプログラミング的思考を身に付けられる。
②おはなしプログラミング・・自分が表現したいストーリーを実現するために、どのような画像や動きの組み合わせが必要か、またどのように改善すれば意図した動きに近づくのかを論理的に考える力がつく。

教育委員会や学校での選定・調達プロセス

選定・購入の主体:園、学校単位で選定、購入
選定・購入の方法:教材販社を通じて選定
契約期間:年間ライセンスの購入

導入を検討する教育委員会・ 学校に向けたサポート

教材販社を通じて、テクニカルサポートを提供

●この導入事例をご覧の方はこんな導入事例もご覧になられています。

  • SchoolEngine

    (株)システムディ

    ・サービス名:札幌市校務支援サービス提供業務 ・在籍児童生徒園児数:約140,000名 ・教職員数:約10,000名 ・導入方法:サービス提供型導入...

    詳しくはこちらSchoolEngine

  • Think!Think!(シンクシンク)

    株式会社花まるラボ

    三重県の公立小学校17校へのThink!Think!(シンクシンク)PC版導入

    詳しくはこちらThink!Think!(シンクシンク)

  • Springin’

    株式会社しくみデザイン

    「Springin'」を活用したプログラミング授業の実施 ・福岡県の「プログラミング教育公開授業」として実施 ・「Springin'」を使い、児童一人ひ...

    詳しくはこちらSpringin’

  • Progate

    株式会社Progate

    プログラミング教材"Progate"の導入 ・情報の授業において活用 ・夏休み、冬休み期間の課題や放課後のクラブ活動でも活用

    詳しくはこちらProgate




このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?