ホーム   >   お知らせ・関連ニュース   >   「未来の教室」実証事業」の2019年度委託事業者公募 採択事業一覧

2019年09月24日

「未来の教室」実証事業」の2019年度委託事業者公募 採択事業一覧

経済産業省は、未来を見通しにくい時代を生きる子ども達一人一人が、未来を創る当事者(チェンジメイカー)に育っていく学習環境を構築するために、本年6月に「未来の教室」とEdTech研究会の第2次提言として、「未来の教室」ビジョンを公表しました。EdTech等を活用した学びの自立化・個別最適化、EdTech等を用いた効率化された学び(「知る」)と、文理融合の知識を総動員した学び(「創る」)の循環を生み出すこと、新しい学びの環境整備、の3つがビジョンの柱です。

このビジョンを踏まえ、3つの柱を学校現場で実現するため、7月に本年度実証事業の公募を行いましたが、この度、採択事業者が決定しましたので、お知らせします。

 

公募テーマと採択事業者について

(※事業者名の掲載はアイウエオ順となります)

① 学校教育での「個別最適化・到達度主義の学び」を可能にする教育サービスの実証

・株式会社スプリックス

 

② 将来的に公認可能な「学校外教育サービス(オルタナティブ教育)」の実証

・株式会社 城南進学研究社
・NPO法人SOMA

 

③ 新しい「部活動・放課後サービス」の実証

・住友商事株式会社

 

④ 新しい「教職員向け研修サービス」の実証

・一般財団法人活育教育財団
・株式会社 教育と探求社
・タクトピア株式会社
・株式会社Barbara Pool
・株式会社ベネッセコーポレーション
・株式会社Ridilover

「未来の教室」事業の全体像について

公募・非公募を含む、今年度の事業全体像は添付資料をご覧ください。


また、今後の実証事業の進捗については、随時以下のHPにて掲載します。

https://www.learning-innovation.go.jp/





このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?