「未来の教室 ~learning innovation~」は「未来の教室」の実証プロジェクト群の進捗状況や、学校・学習塾・個人学習で使える国内・世界のEdTechの最新動向等を広く情報発信するためのポータルサイトです

未来の教室ってなに?(フッタのボタン)
「未来の教室」公式facebookページ 「未来の教室」公式twitter 「未来の教室」公式ラインアット 「未来の教室」公式Youtubeチャンネル

越境学習によるVUCA時代の企業人材育成|経済産業省「未来の教室」事業 社会課題の現場への越境プログラム

STEAMライブラリー|未来の教室|経済産業省「未来の教室」が2021年春より開始する「STEAMライブラリー」

『#学びを止めない未来の教室』公式LINE

####

GIGAスクール自治体ピッチ紹介ページ

新型コロナ感染症による学校休業対策『#学びを止めない未来の教室』

文部科学省:臨時休業期間における学習支援コンテンツポータルサイト(子供の学び応援サイト)

EdTech導入補助金(令和元年度補正)のポータルサイト

お知らせ・関連ニュース

●「未来の教室」からのお知らせ

「未来の教室」実証事業に関するニュース

  • 2020年11月25日

    お知らせ
    【12/10(木)、12/18(金)】経産省主催「ポストコロナ時代の企業人材育成とは?」オンライン無料セミナー ... 詳しくはこちら

  • 2020年11月10日

    お知らせ
    【「未来の教室」キャラバン2020 #8】:EdTechとこれからの教育──デジタル時代の教育を考える! 詳しくはこちら

  • 2020年11月05日

    お知らせ
    ポストコロナ時代に必要な人材育成とは 「越境学習によるVUCA時代の企業人材育成」ウェブサイトを開設し... 詳しくはこちら

  • 2020年10月28日

    お知らせ
    「未来の教室」2020年度事業における事業者一覧 詳しくはこちら

● Facebook更新情報

「未来の教室」Facebookページの最新投稿

● 教育/EdTech関連ニュース

「未来の教室」に関連する外部のニュースサイト記事のご紹介

「未来の教室」
実証事業

「未来の教室」実証事業で採択された事例をご紹介いたします

アイコン:「未来の教室」実証事業もっとさがす「未来の教室」実証事業をもっとさがす
もっとさがす

EdTechサービス

● EdTechサービス データベース

日本国内で利用できる多種多様なEdTechサービスを集めたデータベースです

  • VQScollabo Learning
    遠隔授業システム

    VQScollabo Learningは、個別/集団指導に対応した純国産の遠隔授業システムです。手書きデジタルペンと連動し、遠隔地同士でも紙に書きながら指導・学習ができます。 詳しくはこちら詳しくはこちら:VQScollabo Learning

  • Hylable Discussion(ハイラブルディスカッション)
    話し合い活動の見える化クラウドサービス

    たまご型レコーダーで録音した話し合いを自動分析し、グラフやレポートで見える化するサービスです。見える化されたエビデンスにより、学習者はアクティブ・ラーニングの振り返りが、教育者... 詳しくはこちら詳しくはこちら:Hylable Discussion(ハイラブルディスカッション)

  • ボーカロイド教育版
    学校教育用歌声合成ソフト

    歌声合成ソフト「VOCALOID™」を学校教育用に最適化した、パソコン・タブレット用ソフトウェアです。直感的に操作でき、誰でも「音楽づくり/創作」に取り組むことができます。 詳しくはこちら詳しくはこちら:ボーカロイド教育版

  • Think!Think!(シンクシンク)
    思考センス育成教材

    シンクシンクは、図形や迷路、パズルなどが70問、15,000題以上収録された、「思考センス」を育む教材です。世界算数などの問題を手がける精鋭チームが製作。やる気が続き、自然と考える力が... 詳しくはこちら詳しくはこちら:Think!Think!(シンクシンク)

もっとさがす

● EdTechサービス導入事例

EdTechサービスの中から実際に導入された事例のご紹介です

  • DMM英会話|浦和麗明高等学校

    "DMM英会話"の高校への導入 ・週1回の英語の授業時間でレッスン受講に加え、自宅でも利用 ・高校2、3年生の全学年、高校1年生の希望者に対し導入 詳しくはこちらDMM英会話

  • SchoolEngine|全国の小・中学校、高等学校に導入・2018年4月現在、1800校超に提供 ・最大の導入先は札幌市教育委員会の所管小中学校、高等学校、特別支...

    ・サービス名:札幌市校務支援サービス提供業務 ・在籍児童生徒園児数:約140,000名 ・教職員数:約10,000名 ・導入方法:サービス提供型導入で、システムの稼働基盤、システムの提供・開... 詳しくはこちらSchoolEngine

  • 【東松島市立鳴瀬未来中学校】Googleサイトで休業中の学習支援と次年度の学習の意欲づけ ■取材日6月19日...|

    6月1日(月)からほとんどの学校が再開し、授業や児童・生徒同士の触れ合いを通じた学習活動が行われています。一方で、コロナ感染症の影響で、いつ学校が臨時休業になっても不思議ではない... 詳しくはこちら【東松島市立鳴瀬未来中学校】Googleサ...

  • ロイロノート・スクール|神奈川県秦野市教育委員会

    秦野市内小学校へのタブレット端末/ロイロノート・スクール導入 ・2016年より、市教育委員会においてICT機器の全校導入取り組み開始 ・モデル校における検証、ロイロノート・スクール研修... 詳しくはこちらロイロノート・スクール

もっとさがす
このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?