STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|学校における働き方改革

「未来の教室」通信

STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|教員の働き方改革

「未来の教室」通信

ホーム   >   EdTechサービス   >   Talking Time
概要

オンライン英会話 TalkingTime は、百ます計算で有名な陰山英男先生と学研、QQEnglishが共同開発したカリキュラム。日本の小学生にとって身近な題材を厳選して作られた教材を用いて、マンツーマンレッスンを提供しています。

特徴

Talking Time

子供がワクワク楽しく学べる子供用英会話メソッド
オンライン英会話 TalkingTime は、百ます計算で有名な陰山英男先生と学研、QQEnglishが共同開発したカリキュラム。日本の小学生にとって身近な題材を厳選して作られた教材と、子供への指導を学んだ優秀な教師によるマンツーマンレッスンで、子供のワクワクする英会話体験を引き出します。

Talking Time

子どもの知的好奇心を刺激する内容
会話練習の題材は、子どもたちの知的好奇心を刺激しつつ小学校の教科書や図鑑に載っていることなど、日本の小学生にとって身近で理解可能な内容を厳選しました。レッスンの中でお子さまが自然と英単語に馴染めるように工夫されています。英語表現のみを学ぶ従来のテキストとは違い、マンツーマンレッスンの魅力を生かせる、実際の英語でのコミュニケーションに使えるテキストです。

Talking Time

無学年方式で明確なゴール設定
TalkingTimeは、無学年方式で学校進度(語彙・知識)にあわせて明確なゴール設定をしています。レッスンごとに達成目標を明示することで毎回達成感を味わうことができ、子どものやる気を引き出します。Book3を終えると、英検4級レベルの表現を身につけられます。

Talking Time

国際教師免許を持つ優秀な教師による魅力的で楽しいレッスン
QQEnglishの教師は全員にTESOL(国際教育免許)取得を義務付けています。さらにフィリピンの小学校教員免許を取得している教師も多数在籍しています。子どもがいる教師も多く、歌やゲームを取り入れて、飽きさせない工夫も満載。子どもがワクワクする楽しいレッスンをご提供しています。

Talking Time

語学学習の本質的な楽しさを追求
反復練習と聞くと歌やゲーム中心の従来の英語レッスンと比べて退屈だと思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかしこのテキストが目指したのは、ゲームなどの一時的な楽しさではなく英語が少しずつ話せるようになっていく語学学習の本質的な楽しさ。最初は恥ずかしがって発話できないお子さまも多いのですが、英語に触れるうちに、大人が想像するより多くのことを吸収しています。
(学研担当者コメント)

導入条件

Skype受講の場合 iOS/AndroidOS/MacOS/WindowsOS対応(アプリダウンロード必要)
Classroom(※)受講の場合 システム要件は以下Classroomマニュアル内の記述内容をご確認ください。

https://www.qqeng.com/blog2/classroom/

※QQ Englishのオリジナルレッスンビデオツールです。

導入/調達事例
サービス情報サイト
サービス事業者サイト
サービス名Talking Time
事業者名株式会社QQ English
種別
対象者小学校1年生〜
対象学年小学校1年生〜
教科 英語
特徴/用途
料金体系
利用形態学校での利用、個人利用等。
導入実績累計60,000レッスン以上提供実績あり。(当社調べ)
最終更新日:2019年08月07日

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • Clica(クリカ)

    Clicaは、アンケートの実施・収集、意見の投稿・閲覧機能をもつ45万人以上が利用する...

    詳しくはこちらClica(クリカ)

  • オンライン家庭教師GIPS

    ICT活用と管理指導を行うオンライン家庭教師です。Zoom・Skype・LINEなどで個別指導...

    詳しくはこちらオンライン家庭教師GIPS

  • D-SCHOOLオンライン

    単に英語を学ぶ、単にプログラミングを学ぶのではなく、英語やプログラミングを学び...

    詳しくはこちらD-SCHOOLオンライン

  • Flat for Education

    楽しく簡単に楽譜作成、自動採点ワークシートなどの課題も手軽に作成できる音楽学習...

    詳しくはこちらFlat for Education

  • カイズ

    生徒の認知上の個性を診断して、学習内容へのアプローチの仕方を提案するツール。

    詳しくはこちらカイズ

  • Analytics+(アナリティクスプラス)

    Analytics+は、ラーニングアナリティクス総合サービスです。 学習履歴の分析により、...

    詳しくはこちらAnalytics+(アナリティクスプラス)

  • 英語手書き認識採点システムSiF

    AIが英語の手書きライティングを文字認識・文法添削して評価します  ペーパーテ...

    詳しくはこちら英語手書き認識採点システムSiF

  • See-be

    視覚で理解する次世代の授業ツール

    詳しくはこちらSee-be




このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?