STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|学校における働き方改革

「未来の教室」通信

STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|教員の働き方改革

「未来の教室」通信

ホーム   >   EdTechサービス   >   Springin’(スプリンギン)
絵と音と動きのかけ合わせでつくれるものは無限大のイメージ2
直感的なビジュアルプログラミングのイメージ3
マーケットへ作品をアップして世界中の人へ届けるのイメージ4
世界中のクリエイターの作品を遊んで学べるのイメージ5
概要

「つくる楽しさ」にフォーカスした直感型ビジュアルプログラミングアプリ。ゲームやアプリをつくることができ、楽しみながら論理的思考力、創造力、試行錯誤力などを育むことができます。

特徴

Springin'(スプリンギン)の特徴1

スプリンギンは、子どもから大人まで、誰もがクリエイターになれるプログラミングアプリです。描いた絵や写真にプログラミングをして動かしたり、音声をつけたりして、ゲームや動く絵本をつくることができます。しかし、難しい言語の勉強は一切必要ありません。プログラミング未経験のお子さんでも、わずかな時間でデジタル作品をつくることができます。

また自分がつくった作品をアプリ内のマーケットを通じて、他のユーザー向けに配信したり、他のユーザーがつくった作品をダウンロードすることもできるプラットフォームも備えています。スプリンギンを通して、自分の作品が世界中の人に遊んでもらえ、評価をしてもらうことができます。

Springin'(スプリンギン)の特徴2

誰かに楽しんでもらうため、自分で工夫して、いろいろなアイデアをカタチにしていく。
プログラミング的思考はもちろんのこと、創造力、デザイン思考力、マーケティング思考力、UI/UXなど、これからの時代に必要とされるチカラを身につけることができます。

Springin'(スプリンギン)の特徴3

誰もがクリエイターになれる3つのしくみ①/文字を使わないプログラミング
スプリンギンは、プログラミング未経験者や、まだ読み書きができない低年齢のお子さんでも、直感的に操作できるビジュアル型のプログラミング言語です。 絵や写真に、音や動きをつけられる属性アイコンを組み合わせることで、誰もがゲームや動く絵本をつくりだせるクリエイターになれます。

Springin'(スプリンギン)の特徴4

誰もがクリエイターになれる3つのしくみ②/作品をマーケットへ出品できる
スプリンギンは、自分がつくった作品をスプリンギン内のマーケットへ出品し、実際のお金は一切使わずにアプリ内コインのみで販売する経験を得られます。スプリンギンマーケットの安全な環境での売買を通じて、クリエイターに必要なマーケティング力やビジネス感覚を身につけられます。

Springin'(スプリンギン)の特徴5

誰もがクリエイターになれる3つのしくみ③/人の作品を遊んで学べる
世界中のスプリンギンクリエイターの作品が並ぶマーケットから、気になる作品をアプリ内コインを使ってダウンロードすることができます。ダウンロードした作品は遊ぶだけではなく、作品のプログラム構造を見たり、編集してアレンジすることができるので、作品づくりのコツや工夫が遊びを通して身につけられます。

導入条件

iOS10.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
Android版、Chromebook版は2021年秋冬頃にリリース予定です。

導入/調達事例
  • プログラミングコンテストの実施(福岡市) Fukuoka Creators Award

    プログラミングコンテストの実施(福岡市) Fukuoka Creators Award

    「将来のクリエイターとなる子供たちにフォーカスする」という趣旨で、福岡市が2017年度から開催しているプログラミングコンテスト。スプリンギンを使った作品が条件で、毎年全国から作品が集まります。

    【募集要項】
    https://www.springin.org/jp/fca2020/

    【コンテスト結果】
    https://note.springin.org/n/n29d8d2786248

  • プログラミングコンテストの実施(サポーター企業)

    プログラミングコンテストの実施(サポーター企業)

    サポーター企業様とスプリンギンにより頻繁にコンテストが開催されています。クリエイターは誰でもスプリンギン作品の披露の場としてコンテストへ応募することができ、創作の意欲に繋げています。

    https://note.springin.org/

  • 教育機関でのSpringin’導入事例集

    教育機関でのSpringin’導入事例集

    文部科学省・総務省・経済産業省が企業と連携した取組「みらプロ2020」において全国10箇所の小学校で授業を実践しました。そのほか塾や各種教室など、教育機関での利用も増えています。

    https://classroom.springin.org/material-3

お問い合わせ先

info@springin.org

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
サービス名Springin'(スプリンギン)
事業者名株式会社しくみデザイン
種別
対象者幼児教育、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、大学、社会人、教員、学校管理者
教科 全教科にて利用可能
特徴/用途
料金体系
費用無料
学校や学習塾など教育機関向けには、プログラミング教材サービス「Springin’ Classroom」をご覧ください。
利用形態個人利用
導入実績アプリダウンロード数は約25万人(2021年4月時点)
最終更新日:2021年05月11日

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • スクールライフノート

    子どもたちが自身の活動を記録し、振り返ることを毎日の習慣とすることで、新たな「...

    詳しくはこちらスクールライフノート

  • Think!Think!(シンクシンク)

    シンクシンクは、図形や迷路、パズルなどが70問、15,000題以上収録された、「思考セ...

    詳しくはこちらThink!Think!(シンクシンク)

  • テスト採点支援ソリューション

    用紙テストの採点業務の効率化支援ソリューション。先生の作成したテストをそのまま...

    詳しくはこちらテスト採点支援ソリューション

  • ボーカロイド教育版

    歌声合成ソフト「VOCALOID™」を学校教育用に最適化した、パソコン・タブレット用ソフ...

    詳しくはこちらボーカロイド教育版

  • Pepper 社会貢献プログラム2

    ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」をプログラミング教育の教材とし...

    詳しくはこちらPepper 社会貢献プログラム2

  • ShareWis

    ShareWis(シェアウィズ)は、90秒の短い動画でサクッと学ぶスナックコースと、本格...

    詳しくはこちらShareWis

  • ハイブリッド黒板アプリ「Kocri(コクリ)」

    ハイブリッド黒板アプリKocri(コクリ)を使えば、今まで通り黒板で授業を行いながらタ...

    詳しくはこちらハイブリッド黒板アプリ「Kocri(コクリ)」

  • atama+

    一人ひとりの得意、苦手、伸び、つまずき、集中状態などのデータをAIが分析し、その...

    詳しくはこちらatama+




このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?
未来の教室通信:新規会員登録はこちら