ホーム   >   EdTechサービス   >   STOPit
STOPit_Home
DOCUMENTit
脱いじめ傍観者プログラム「私たちの選択肢」
概要

匿名報告・相談アプリSTOPit、組織担当者の管理ツールDOCUMENTitからなるプラットフォームです。いじめを見つけた子どもたち、いじめに苦しんでいる子どもたちのために、いつでもどこでも報告・相談できる環境を整えます。

特徴

STOPit_Home

いじめを受けている、もしくは目撃した人が匿名報告・相談できる「STOPitアプリ」

DOCUMENTit

報告・相談の受け手が適切に管理・対応できる管理ツール「DOCUMENTit(ドキュメントイット)」

脱いじめ傍観者プログラム「私たちの選択肢」

メディアリテラシー教育やいじめに関する研究などを行っている千葉大学の藤川大祐教授を中心に、敬愛大学の阿部学准教授、柏市教育委員会、ストップイットジャパン(株)が連携して開発された脱いじめ傍観者プログラム「私たちの選択肢」

柏市で一年間取り組んだ結果、生徒からの相談件数が電話やメールの約9倍になりました。また相談内容のうち全体の約35%がいじめ相談でした。
詳細は千葉大学の以下リリースを参照ください。
http://www.chiba-u.ac.jp/general/publicity/press/files/2018/20180510stopit.pdf

導入条件

【STOPitアプリ】

条件 iOSもしくはAndroidを使用するスマートフォンやタブレット。

App Store、Google Play Storeからインストール可能です。

【STOPitウェブアプリ】
条件 パソコン、スマートフォンなどのインターネットブラウザーからログインできます。

アプリのインストールは不要です。 機能はSTOPitアプリとほぼ同じです。

2サービス共にインターネット接続が必要です。

導入/調達事例
お問い合わせ先

info@stopit.co.jp

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
サービス名STOPit
事業者名ストップイットジャパン株式会社
種別
対象者小学校、中学校、高等学校
対象学年小学校4年生〜高校3年生
特徴/用途
費用児童生徒一人当たり数百円/年
利用形態スマートフォン、PCでの個人利用
導入実績全国8の自治体及び私立学校かSTOPitアプリの提供及び啓発事業(いじめ防止授業、情報モラル講演)を提供。、例:千葉県(柏市、野田市、山武市)、茨城県(取手市、牛久市)、神奈川県(大和市)、埼玉県(草加市)、岡山県
最終更新日:2018年08月27日

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • 人工知能型教材Qubena(キュビナ)

    AI(人工知能)を搭載した「Qubena」は、生徒ひとりひとりの学習中の操作ログや計算...

    詳しくはこちら人工知能型教材Qubena(キュビナ)

  • Think!Think!(シンクシンク)

    シンクシンクは、図形や迷路、パズルなどが70問、15,000題以上収録された、「思考セ...

    詳しくはこちらThink!Think!(シンクシンク)

  • easel(イーゼル)

    ー 感性(センス)と論理(ロジック)をともに磨くー プログラミングの学習に「アー...

    詳しくはこちらeasel(イーゼル)

  • ウルトラワイド超短焦点プロジェクター「ワ...

    最大140インチの大画面投影。 2系統の同時出力ができ、デジタル教科書と実物投影機を...

    詳しくはこちらウルトラワイド超短焦点プロジェクター「ワイード」

  • Z会オンライン個別指導

    家庭やインターネット接続が可能な場所であればどこででも、PC・タブレット・スマホ...

    詳しくはこちらZ会オンライン個別指導

  • ファミプロ(親子プログラミング教室)

    本格的なコードプログラミングをオリジナルiPhoneアプリ作成から身につきます、ペア...

    詳しくはこちらファミプロ(親子プログラミング教室)

  • Studyplus

    Studyplusは、学習内容を記録、可視化し、学習ユーザー同士でシェアし励まし合う学習...

    詳しくはこちらStudyplus

  • Z会の通信教育 小学生タブレットコース

    従来のZ会の「ハイレベルで良質な教材」にデジタル技術の長所を加えた通信教育です。...

    詳しくはこちらZ会の通信教育 小学生タブレットコース




このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?